銭湯「旭湯」の泉質のご紹介です。炭酸カルシウム温泉設備とはじめミクロバイブラ・超音波・赤外灯など体に良いお風呂です。それぞれに効能や効果はさまざまですので、お好みのお風呂をお楽しみ下さい。



炭酸アルカリ温泉「旭湯」・泉質


男湯、女湯とも「炭酸カルシウム温泉」をご用意しております。
ゆったりおくつろぎ下さい♪

炭酸アルカリ温泉「旭湯」・赤外灯 神秘の名湯(二股温泉の炭酸カルシウム温泉)


炭酸カルシウム温泉・赤外灯

炭酸カルシウム温泉◆湯の華の成分及び分量

●炭酸カルシウム:97,75%
●アルミニウム:0,51%
●ケイ酸:0,67%
●マグネシウム:0,18%
●硫酸:1,29%
●マンガン:0,16%
●鉄:0,63%
●塩素:0,89%

※厚生労働省分析表

〜効能・効果〜
あせも、荒れ性、冷え性、しっしん、しもやけ、うちみ、くじき、肩こり、神経痛、腰痛、リウマチ、疲労回復、痔
炭酸カルシウム温泉の由来


秘境二股カルシウム温泉は北海道長万部、二俣川上流に位置し明治後期より全国から訪れる湯冶客によって知られるようになり、その大自然の沈積物である石灰華の巨大ドームはイエローストーン(アメリカ)のマンモス温泉郡と共に世界で只2箇所しか現任されていない貴重なものです。

主成分の炭酸カルシウムは実に97,75%の含有率で更に珍しい水溶性(水に溶けやすいアラゴナイト型)として珍重されています。
神秘の名湯・炭酸カルシウム温泉
ミクロバイブラ ミクロバイブラ気泡浴泉

すばらしいマッサージ効果で身体の筋肉をやわらげ血液の循環をうながし、心身を爽快にします。
消化作用を促進し、熟睡の原動力になります。
骨部を温め疲労回復湯冷めの心配がありません。

効能
神経痛、リウマチス、高血圧、肌荒れ、ニキビ、吹き出物

菖蒲湯 (しょうぶ湯) 旧端午(毎年6月8日頃)

古来、中国では菖蒲は厄除けとして用いられてきました。
無病息災を祈り、端午の節句の日に菖蒲を折り束ねたものをお風呂の湯に浮かせて入る菖蒲湯。
一説には江戸時代の銭湯から始まったとも言われています。

疲労回復や冷え性、皮膚病、ねんざ、神経痛によく効くと言われています。

ゆず湯 冬至(毎年12月22日頃)

 冬至の日には、ゆず湯に入り、カボチャを食べる風習があります。ゆず湯は、ひびやあかぎれに効果があり、カラダを芯から温めてくれ、この日にゆず湯にはいると、無病息災が約束されるという言い伝えがありました。

「ゆず湯」に入ると、血行がよくなって冷え症やリュウマチ、身体も温まり風邪も引かないと言われています。他にも香りのいいゆず湯はアロマセラピーのリラックス効果も期待できます。



炭酸カルシウム温泉・銭湯「旭湯」トップへ